葬儀や葬送をする前に

葬儀や葬送の準備をする時にまず考えなければいけないこととしてご遺体の安置場所を決める、場所や会場を決める、故人の信仰や家の宗教や宗旨宗派を確かめること、どんな葬儀にするのかく決めることが挙げられます。また参加人数に合わせて会場や席の確保が必要になるので何人程度参加するのかを確認しておきましょう。これらを初めに急いでしておけばその後は比較的スムーズに進めることが可能です。ご遺族をはじめとした故人を大切に思っていた人たちにとってかけがえのない人の死を受け入れてよりよい形でお別れをする非常に大切な儀式であると考えられます。

葬儀の際の遺族の座席

葬儀を執り行ううえで遺族、親族及び来賓の方々の座席については気を使うものです。祭壇を中心に僧侶などのご導師様を中心に導師右側に遺族親族が座ります。最も祭壇に近い所に座るのが喪主(配偶者や長男など)そして故人に近いものから順に座ります。1列で収まらない場合は2列3列となることもあります。一方、導師左側には、ご近所の仲がよかった方や、会社関係でしたら社長、上司などです。生前お世話になった方々が着席します。それでも椅子が余った場合は、葬儀社スタッフの判断で年配の方やおみあしの悪い方に声をかけて椅子にかけていただいております。

↑PAGE TOP