葬儀での焼香の作法とマナー

葬儀に参列した時、焼香のマナーや作法に迷う事があります。多くの人は、遺族と他の参列者に会釈をし、その後に抹香をつまんで目の高さまで頂き、その後抹香をくべると言う動作を3回行い、焼香が終わると、再び遺族と他の参列者に会釈して元の席に戻るのが一般的です。この中で、焼香の前後に遺族と他の参列者に会釈をするのはマナーであり、抹香のくべ方は作法です。作法は宗派によって異なり、違った作法で焼香を行う人を見る事が多く迷うのです。マナーをしっかり守っていれば、真心込めて自分の宗派の作法で行っても問題はありません。

↑PAGE TOP