葬儀の服装に慌てないために

葬儀は何度も行っているけれど、そのマナーについてはよくわからないという人も多いのではないでしょうか。もし身内に不幸があった場合は、悲しみの中にいるにもかかわらず、次々に決めていかなければならないことがあり、大変です。自分が遺族になったとき、葬儀の服装で慌てないため、準備は日頃からしておきたいものです。男性は黒のスーツに黒のネクタイ、白のワイシャツが基本で、タイピンはしません。靴下も黒で光沢のないものを選びます。女性は肌の露出が少ないワンピースやスーツを着用します。丈はひざ下のもの、ストッキングも黒にします。ストッキングは破れたときのために何足か用意しておきます。子どもは基本的には制服です。制服に明るめの色が使用されている場合は黒めの服を選んで着せましょう。

お葬式の服装マナー 遺族の場合

故人との最後のお別れとなるお葬式、お通夜を経て最愛の家族を亡くした動揺は収まっても悲しみは深まるばかりでしょう。しかしどんなに辛くても故人の為に、参列者をお迎えして葬儀を滞りなく執り行わなければなりません。身繕いさえままならないほど気を落としていたとしても、遺族としてふさわしい服装をするのがマナーです。男性は黒のネクタイを結び、女性は喪服に身を包みます。アクセサリーを身に付ける場合は真珠で統一します。革製品は殺生を思い起こさせる為、なるべく避けましょう。故人との思い出に浸りながら身なりを整えていくうちに、不思議と心が静まっていく…喪服にはそんな効果があるように思います。きちんとした服装で葬儀に臨んで下さい。

↑PAGE TOP