葬儀での、遺族側のマナー

葬式では、参列者だけでなく、遺族側にも守るべきマナーがあります。服装についてなど細かいものもありますが、大きくは二つあり、まず家族が亡くなった時には、速やかに喪主を決めて葬儀社に依頼をすること。そしてその際、式の形式や規模は故人の希望をできる限り尊重するように心がけることです。もう一つは、式後、お世話になった方々へのお礼をすること。世話役や、移動の際の運転手の方、火葬場の係員など、当日世話になる人には心づけを用意しておきます。忌明け後には香典返しも贈ります。品物としては、消耗品やカタログギフトなどが良いでしょう。葬儀は故人のためのものですので、故人を第一に考えた式を心がけることと、お世話になった方々へ礼を尽くすこと。これらを忘れずにおきましょう。

葬儀の際の遺族としてのマナー

葬儀の際に最も大切なことと言えばマナーです。特に残された遺族は、ほかの参列者よりも行動に注意して礼儀正しくふるまう必要があります。例えば、服装はもちろんですが、髪形、化粧、靴、持ち物などがふさわしいものかしっかりと確認しましょう。他にも発言や行動にも気を付ける必要があります。葬儀に来てくださった方にはきちんと挨拶をすることが大切です。見たことがないように人や、自分とは今後付き合いが全くないように思えるような人であったとしても挨拶は必要です。その際、あまりにも大声で話したりしないようにもすべきです。

新着情報

↑PAGE TOP